自社サイト・ホームページのアクセス数を増やす為にすべき2つのこと

ビジネスを広げる上で、しっかりと設計されたホームページが重要な時代です。

今日、自社の公式サイト無しで自らのビジネスを大衆に広げていくことは非常に困難です。

SNSを利用したWebマーケティングが注目を浴びていますが、自社サイトを利用した方がマーケティングの幅が広がる上に、その会社の信用力や集客力も段違いとなります。

しかし、いざ自社サイトを運営し始めても、中々人が来なくて困っている方は多いはず。

なぜなら今の時代、あらゆるジャンルのWebサイトが星の数ほど存在するためです。

その中で、自社のホームページに人が訪れるようにするためには、どのような経路で訪問者数を稼ぐのが正しいのかしっかり認識した上でサイト設計をしていかなければなりません。

今日はそんな自社サイトをどのように作っていくべきか悩んでいる方の為に、ホームページに多くの人が訪れるための施策を紹介したいと思います。

Googleからの流入を意識することが一番効果的です。

結論から申してしまうと、今の時代、サイトに流入するユーザーのほとんどがGoogle経由です。

そのため、自社サイトのアクセスアップを図るには、まずGoogleに「良い」と見なされるようなサイト設計をしなければなりません。

言い換えるならば、Googleの検索結果で上位に表示されるようなサイトを作らならなければならないということです。

そのためにすべきことを3つピックアップしてきたので、一緒に見ていきましょう!

その1:スマホ対応のレスポンシブデザインを作る

サイトの規模を問わず、ホームページに訪れるユーザーが使用しているデバイスの比は

大体PC:スマホ:タブレット=25:70:5になります。

実際に私が運営しているメディアのアナリティクス結果

このことから分かるように、スマホでサイトを訪問した際に見やすいデザインをしているサイトがとても重要なことが分かります。

なぜなら、見ずらいサイトはユーザーが開いてすぐに「戻るボタン」でサイトから去ってしまうためです。

ユーザーがすぐに去っていく現象は直帰率といって、Googleのアルゴリズムによって記録されます。

そして、直帰率の高いサイトはGoogleから悪い評価を受けるため、検索結果の上位に表示されずらくなるのです。

そのため、スマホに対応したwebデザインをしっかり作りましょう。

Google以外から流入したユーザーも、見やすくて綺麗なデザインの方が快適にサイトを見れますからね!

スマホに対応したサイト制作の依頼はこちらから!

その2:日々のコンテンツ更新を欠かさずしましょう

毎日とまでは言いませんが、サイトの記事更新やコンテンツ改善を頻繁に行うことがとても大切です。

なぜなら、サイトの最終更新はGoogleのアルゴリズムに記録される上に、改善やコンテンツ追加を重ねる毎に、サイト自体のボリュームや質も上がっていくためです。

あまりに更新が滞っているサイトがGoogleの検索結果から除外されることもしばしばあります。

そのため、サイトの更新やデザインの改善などは頻繁に行うようにしましょう。

ちなみに弊社Take-Me!では、そのような記事の更新やサイトの編集などを月5件まで10,000円/月で全て行うサービスを提供しています。

気になった方は是非一度お問い合わせください。

お問い合わせはこちら!

まとめ

いかがでしたか。

スマホに対応したデザインやサイトの更新は大切だと分かっていても、いざ実行するとなると手間がかかるものです。

特にスマホで綺麗に見えるサイトデザインの設計は大変ですよね。

弊社Take-Me!ではこうした施策をサービスとして提供しているので、是非一度お問い合わせ頂ければと思います。

それでは!

お問い合わせはこちら!

関連記事

  1. 必見!信頼性の高いホームページを作る4つのポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。